たくさんの資金を集めて準備しよう

ベンチャー企業を立ち上げる際には何をすべきか

>

どこを会社にするのか

社員が自分だけの場合

必ずしも、賃貸オフィスを借りる必要はありません。
社員が自分だけで、ネットを使って仕事を進める場合は自宅を会社にしながら、十分経営を進めることができます。
すると費用を削減できるので、やりたい事業について詳しく考えてください。
この方法は、例えばコンサルタント事業を始める人に向いています。

悩みを抱えている企業から話を聞き、アドバイスをすることが主な仕事内容になりますが、相談の連絡はメールや電話でできますし、顔を合わせてアドバイスをしたい時は相手の会社に出向けば良いので、広い賃貸オフィスを用意しなくても大丈夫です。
賃貸オフィスを借りると毎月数万円という出費が掛かるので、できることなら削減することをおすすめします。

安く済ませる方法とは

賃貸オフィスよりも、レンタルスペースの方が安く済みます。
初期費用を抑えたい人は、ベンチャー企業を立ち上げる時に向いているレンタルスペースが近くにないか探してください。
同じように、シェアオフィスを活用しても良いですね。
シェアオフィスは他の企業も集まって、1つの場所を共有する部屋のことを言います。

様々な業界の人が集まり、情報交換ができる面がメリットです。
あまり知らなかった業界の人と話をすることで、今後の経営のヒントを得られるかもしれません。
またレンタルスペースやシェアオフィスは、最初から家具や家電が用意されている部分がメリットになります。
それらを自分で買い揃える必要がなく、そこも費用削減に繋がります。


この記事をシェアする